社長紹介:シーメンズパワー(SEAMEN'S POWER)横浜ベイサイドマリーナ

社長紹介

  • SEAMEN'S POWER 代表取締役 岩本誠治

  • 昭和29年1月広島県安芸郡倉橋島出生(瀬戸内海の小さな島) 昭和47年日大藤沢高校卒業 平成2年12月シーメンズ―パワー設立

  • 生家の隣には昔ながらの木造造船所があり、また小さいころから家業の貨物船「進栄汽船」に父と一緒に乗っていた。海と船に囲まれた環境で育ち、将来は船長になろうと決心する。
    父が趣味で作ったプラスチックボートに、当時は珍しかった中古の船外機を載せて田舎の海を走り、ボートの楽しさも知る。
    晩酌しながら楽しげに、ボートの仕事や海について語る父親の夢物語を聞きながら育つ。
    高校卒業と同時に貨物船「進栄丸」に乗船。経験を積み21歳8ヶ月で3000トン積鋼船の船長となる。
    シーメンズパワー設立により、海洋レジャー業を始める。船舶運航・機関機器点検管理はもちろん、国内・海外問わず回航業務にも従事し、実績は多岐にわたる。 20年の間に手掛けた主な回航船舶は別途記載。

  • 趣 味

  • 柔道

  • 社長写真中学1年生から習い始め、恩師にも恵まれ、来る日も来る日も稽古に明け暮れる。
    高校時代は関東大会に出場。現在七段(八段を目指している)。
    現在は横浜市柔道協会の理事を務める。仕事のかたわら試合の審判員や、指導にも力を入れる。
  • 釣り

  • 「物心着いた時から」と釣り歴は長く、小学生時代は伝馬船を一人で漕ぎ、釣りに行っていた。
  • 操船

  • これは言うまでもなく仕事でもあり、一番の趣味でもある。

  • その他

  • 剣道、合気道、少林寺拳法、極真空手もたしなむ武道家。
  • 今後の目標

  • マリーナ運営

  • 海運会社運営

  • 社長写真現在日本にある形式ではない方法で、皆様に楽しんで頂けるマリーナを運営してみたい。
    そして今の若者に、海に囲まれたこの日本で「海運業」がいかに大切で、エコロジーにもつながる仕事であるかを知ってもらいたいという想いがある。自分を育ててくれた「進栄汽船」のように、チャンスがあれば海運会社を再開し、人材育成に貢献したい。


  • 信 念

  • 社長写真お客様が海でのレジャーを安全に楽しみ、そして末永くボート・ヨットを可愛がって頂けるようお役に立ち続けること。
    また、原点ともなる"父の夢物語"と柔道で鍛えられた精神をいつも胸に抱きながら、会社の責任者として永続的に会社を成長させ、従業員の技術力向上、生活の安定を守り、社会に貢献できる存在でいられるよう努力すること。

*